e>

トップ 獅子舞とは メンバー 活動履歴 写真館 掲示板 リンク イベント依頼

獅子舞とは

獅子舞とは、伝統芸能の一つであり、

祭囃子と共に獅子が舞い踊るものである。

 

☆日本の獅子☆

日本の獅子舞は日本全土で行われており、

バリエーションは多岐にわたる。

大きく分けて、伎樂(ぎがく)系の獅子舞と、

風流(ふうりゅう)系の獅子舞に分けられる。

細かく分類すると流派は非常に多く、同じ舞いであるものはほとんど無い。

 

☆伎樂系獅子舞☆

伎樂系の獅子舞は、西日本を中心として全国的に分布しており、

獅子一体に複数の人数が入り、正月や祭事のときに披露される。

起源は大陸であると考えられており、現在の中国獅子舞と繋がるものと考えられる。

 

☆風流系獅子舞☆

風流系の獅子舞は、関東・東北に主に分布している。

1人が獅子1匹を担当し、それぞれが腹にくくりつけられた太鼓を打ちながら舞う。

多くは3匹1組の三匹獅子舞であり、地域の農山村での一般的な

伝統芸能・民俗芸能として伝わっている。

 

☆獅子頭☆

獅子の頭部(獅子頭:ししがしら)は、木製のものが多いが、

和紙による張紙のものや、最近では発泡スチロール製のものも存在する。

また、各地域・神社によって様々な形状が存在している。

 

 

中国の獅子舞は非常に動物的であり、

獅子頭も紙製である。

一方日本の獅子舞は、動きは「舞」的であり、

獅子頭は木でできている。

大陸から伝わった獅子舞が、

現在の日本の形になったのはいつなのかはわからないが、

関西獅子狂舞會の獅子舞は、

ちょうどその頃の獅子舞はどうだったのか?

を考えての獅子舞である。

そのため、

獅子頭はもっともポピュラーな形状である、

「八幡神社」のものを使用しており、

動きは中国獅子舞の要素と、

日本獅子舞の要素も折衷されている、

オリジナルの流派となっている。

 

 

TOPページに戻る

inserted by FC2 system